梁山泊倶楽部

山岳会の会長やってます♪

井手口 彰典著『童謡の百年』     (梁山泊倶楽部の爺推薦図書) 2018.4.2

 童謡とは・・・・・。定義が難しい「童謡」、「唱歌」など、貴方の疑問や今までモヤモヤとしていたものを消化しよう。井手口彰典著『童謡の百年』(筑摩書房刊)を紹介する。

 “梁山泊倶楽部の爺”の朝は早い。午前3時ころには目覚め、起床する。いつ頃から、このような時間に起きだすようになったのだろう。ビデオ映像の編集作業が、立て込んできたころ、つまり、昨年の春ごろからであったと記憶している。起床後、すぐに編集作業に入れるわけではない。爺は、お肌の乾燥がひどく、手入れを怠ると、カサカサになり、酷い皮膚炎に移行してしまうからだ。洗顔、洗濯機セット、そしてお肌の手入れ(馬油を全身に塗る)、ポットの湯沸かし、コーヒーを淹れる、さらに朝食の賄い台所仕事である。これからが本題に入る。朝食の準備中に、ラジカセをセットして音楽を聴きながらまな板に向かう。最近、数多く楽しんでいるのが、オーケストラ演奏の童謡(唱歌)などである。難しい語彙の歌詞が流れれば、CD付属の解説本などを開き、その曲を理解することに努めている。
 加えて、フェイスブックで、毎日UPされる「筑摩書房」の紹介本が、とても素晴らしく、「家計の予算が許すなら多くの出版物を購入したい」と思うものが目に入る。最近、このNET情報から、何冊かの筑摩書房刊行本を購入した。紹介する井手口彰典著『童謡の百年』もその中の一冊である。まだ1/5程度の読み込みであるが、膨大な調査のうえに完成した名著であることから、爺のblogにて紹介したい。いつものように、筑摩書房、著者/井手口彰典さん、関係者に本著の表紙、奥付、著者紹介、参考資料など、地道な研究によって完成した歴史に残る本の紹介をお許しいただきたい。

井手口彰典著「童謡の百年」001
筑摩書房刊/井手口 彰典著『童謡の百年』表紙
井手口彰典著「童謡の百年」002ー②
井手口 彰典著『童謡の百年』奥付
井手口彰典著「童謡の百年」002ー①
井手口 彰典著『童謡の百年』著者略歴(奥付より)
井手口彰典著「童謡の百年」003
井手口 彰典著『童謡の百年』紹介文(カバー表紙裏の解説文)
井手口彰典著「童謡の百年」010
井手口 彰典著『童謡の百年』目次(カバー帯紹介目次より)
井手口彰典著「童謡の百年」009
井手口 彰典著『童謡の百年』カバー帯紹介文
井手口彰典著「童謡の百年」006
井手口 彰典著『童謡の百年』参考文献①
井手口彰典著「童謡の百年」007
井手口 彰典著『童謡の百年』参考文献②③
井手口彰典著「童謡の百年」008
井手口 彰典著『童謡の百年』参考文献④⑤

テーマ:最新音楽ニュース・音楽情報 - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryozanpaku.blog102.fc2.com/tb.php/735-23811785
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かいちょー

Author:かいちょー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する