梁山泊倶楽部

山岳会の会長やってます♪

馳星周著『蒼き山嶺』  (梁山泊倶楽部の爺推薦図書) 2018.2.4

北アルプス「白馬岳」を中心にストーリーが展開する小説である。光文社刊/馳星周(はせ せいしゅう)著『蒼き山嶺』(2018.1.29初版)を紹介する

 いつもなら水戸市内原のSC内書店で購入するのだが、千葉県柏市SC内のヤマハ音楽教室に出向いた。SC内の「勝木書店」は規模も大きく、マガジン主体ではなく、あらゆる書籍が書架に並んでいた。店頭近くの新刊本コーナーに平置きされていた『蒼き山嶺』が目に入った。どこの書店でも、まず新刊本紹介コーナー、当該書店推薦本コーナーそして時代小説コーナーなどを手始めに、梁山泊倶楽部の爺が敬愛する作家の名札の書架をチェックする。面白そうな本があれば、1回あたり2~3冊を限度に購入する。できるだけ初版かつ最近の刊行であれば、なおさら結構だ。読み終わった本は、常陸大宮市舟生の旧山方小学校舟生分校で実兄夫妻が管理する「蝸牛文庫」行きとなるのだから・・・・。
 では、馳星周著『蒼き山嶺』を紹介しよう。著者/馳星周(はせ せいしゅう)氏の作品を手にしたのは初めてのことであった。作品の舞台は「山」であるが、サスペンスものと紹介してもよいだろう。北アルプス「白馬岳」を中心に、物語が展開する。我ら“岳人”憧れの「栂海新道」を抜けて(縦走して)、日本海を目指すのだが・・・・。
 あまり作品の中味を教えてしまっては、本著の重版出来を期待して紹介する意味合いがなくなってしまうので、是非、お題を支払ってお読みいただきたい。また、出版社、著者(馳星周さん)爺のブログでの体裁等の紹介(使用)をお許し願いたい。

馳星周著『蒼き山嶺』表紙
光文社刊/馳星周(はせ せいしゅう)著『蒼き山嶺』表紙
馳星周著『蒼き山嶺』奥付
光文社刊/馳星周(はせ せいしゅう)著『蒼き山嶺』奥付
馳星周著『蒼き山嶺』初出
光文社刊/馳星周(はせ せいしゅう)著『蒼き山嶺』初出
馳星周著『蒼き山嶺』著者略歴(奥付より)
著者略歴(奥付より)
馳星周著『蒼き山嶺』表紙帯①
光文社刊/馳星周(はせ せいしゅう)著『蒼き山嶺』表紙帯①
馳星周著『蒼き山嶺』表紙帯②
光文社刊/馳星周(はせ せいしゅう)著『蒼き山嶺』表紙帯②

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryozanpaku.blog102.fc2.com/tb.php/726-e66746f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かいちょー

Author:かいちょー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する