梁山泊倶楽部

山岳会の会長やってます♪

飯嶋和一著『狗賓童子の島』(梁山泊倶楽部の爺推薦図書)  [H29.3.24]

 飯嶋和一さんの著作発刊をいつも待ち焦がれている愛読者の爺です。2年も以前に爺のまだ読んでいない作品があった。『狗賓童子の島』(ぐひんどうじのしま)2015年2月初版のものだ。

 いつも行く本屋さんで、時代小説の並ぶ書架、小学館文庫の棚を必ず見て飯嶋和一著作本がないか探していたのに・・・・・。
『神無き月十番目の夜』を最初に読んで、飯嶋文学の虜になった。小説の題材が爺の住む茨城県であり、近郊の山トレーニングに行く奥久慈であったことから、夢中になって頁を繰った。爾来、本屋さんで飯嶋和一著作本を購入することが続いた。とくに歴史考証調査を徹底する飯嶋さんの本は、次から次に作品となって世に出ることが少ない。今回紹介する『狗賓童子の島』は、実のところ数頁を読んだところだ。しかし、愛読者の梁山泊倶楽部の爺でさえ未読作品が世に出ていることを知らなかったのだから、ほかにも知らない御仁がゴマンといるのではないだろうか。まずは、この作品があるよ、ということを知らしめ、購入の背中押しのお手伝いをしようと思う。体裁や表紙帯の紹介文(コピー)などを掲載させていただきます。

飯嶋和一著『狗賓童子の島』表紙
小学館発行/飯嶋和一著『狗賓童子の島』表紙

飯嶋和一著『狗賓童子の島』奥付
飯嶋和一著『狗賓童子の島』奥付

飯嶋和一著『狗賓童子の島』初出
初出

飯嶋和一著『狗賓童子の島』表紙帯コピー文①
飯嶋和一著『狗賓童子の島』表紙帯コピー文①
飯嶋和一著『狗賓童子の島』表紙帯コピー文②
飯嶋和一著『狗賓童子の島』表紙帯コピー文②

飯嶋和一著『狗賓童子の島』著者略歴
飯嶋和一/著者略歴(表紙帯より)

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryozanpaku.blog102.fc2.com/tb.php/684-535440db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かいちょー

Author:かいちょー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する