梁山泊倶楽部

山岳会の会長やってます♪

「紅葉真盛りの高尾山」(2016.11.12)梁山泊倶楽部

 11月12日(土)梁山泊倶楽部の爺が勤務した会社のOB会ハイキングを催行した。東京都の奥座敷、「紅葉真盛りの高尾山」を楽しんだ。

 JR東日本の企画臨時列車『ぶらり高尾散策号』、常磐線日立~中央線高尾直通快速列車である。読売旅行の企画に乗じて、OB会ハイキング部会12人が参加しての“お上りさん”であった。参加者居住地近くの駅から順次列車へ乗り込み、最終乗車駅土浦から3人が無事乗車して、一路東京都の奥座敷「高尾山」へ向かった。常磐線を一路東京方面へ進行し、北小金駅を通過して新松戸との中間部に敷設された貨物専用線路を利用して武蔵野線へ合流、西進する。南浦和ー北朝霞ー西国分寺にて中央線をさらに西進して臨時列車終着駅「JR高尾」へ到着した。もちろん、我らを乗せてきた型は古いが常磐線特急車両はどこか近くの車両基地または引き込み線で帰りまで待機しているようだ。
PIC_0117.jpg
JR発行「ぶらり高尾散策号」リーフレット、団体旅客入出場票
PIC_0124_201611281643076bf.jpg
古い型だが歴とした特急車両を使用した「ぶらり高尾散策号」(赤塚駅にて)
PIC_0130_20161128164308540.jpg
北小金駅通過後、貨物専用線を進行して武蔵野線へ合流
 写真の線路は常磐線、こうした通常ダイヤでは走らない路線を使用しての旅は格別である。爺は旅好きな“山屋”だが「てっちゃん」ではない。毎度書いて恐縮だが、今は亡き父は「ぽっぽや」であったから、鉄道旅は大好きである。マイカー利用の旅が現在の人生の大半を占めているが、時間が許し、チケットが取得可能なら鉄道旅はこれからも是非実行したい事のひとつである。
PIC_0160_20161128164311a4e.jpg
紅葉シーズン真っ只中のJR高尾駅、京王高尾山口駅は大混雑
PIC_0162_2016112816560202f.jpg
京王高尾山口駅改札の混雑ぶり
PIC_0172トリ
やっと登山口の駅に着いた
PIC_0178_2016112816560570c.jpg
我らは乗らないが「ケーブルカー麓駅」は長蛇の列
PIC_0180_20161128165607365.jpg
切符売り場はこのとおり(参考までに)
PIC_0183.jpg
我らは「6号路」を登る
PIC_0185.jpg
洗心禅院跡の石仏群
PIC_0210トリ
岩屋大師
PIC_0220_20161128170143bdd.jpg
琵琶滝①
PIC_0224.jpg
琵琶滝②
 高尾山水行道場、一般の方も修行体験ができる
PIC_0258_20161128203933fb4.jpg
良き6号路の登山道を行く
PIC_0269_201611282039347e6.jpg
とび石
 沢の中の道、「とび石」を行くハイカーたち
PIC_0271.jpg
山頂直下の長い階段状の道
PIC_0273.jpg
5号路と3号路の分岐点
 山頂直下(すぐ上が山頂)の分岐点。紅葉真っ盛りの今日、我々は山頂広場の混雑を避けて、ここで昼食とした。
PIC_0276.jpg
さあ!昼飯にしょう
PIC_0300_201611282046206af.jpg
分岐点よりすぐ上の1号路(建物はトイレ)
PIC_0280.jpg
トイレの前から山頂方面への人出
PIC_0291.jpg
我々が登ってきた6号路は本日一方通行
PIC_0303_20161128204621214.jpg
山頂標柱前で記念撮影する人々
PIC_0304.jpg
山頂広場を埋め尽くすハイカー、観光客
PIC_0322_20161129104044d88.jpg
薬王院前の土産物店の賑わい、門前市をなす
PIC_0328.jpg
ご利益に与かるべくお札を求める人々
PIC_0330.jpg
高尾山薬王院有喜寺の門
 肩がぶつかるほどの人出だ。まあー!急いで下りることは不可能だ。
PIC_0331_20161129104048e60.jpg
土産物店も繁盛の様子
PIC_0334.jpg
杉苗奉納者(寄進者)に演歌歌手の北島さぶちゃんの名も・・・
PIC_0343_20161129105009ae0.jpg
下山途中の展望所より遠望する都心のビル街
PIC_0347トリ
展望所にて周囲にいた参加者で記念撮影
PIC_0358.jpg
登山口まで下りて紅葉を愛でる
CIMG6061トリ①
登山口まで下山後参道にて記念撮影
 映像記録者の爺も写真に納まりたくて、これから登る人々の中からアジア系外国人に撮影を依頼した。日本語が分かったかどうかは知らぬが、うまく撮影してくれた。すこし画面が傾いていたのでトリミング修正したら、なかなか良く写っていた。参加者総勢12人が枠に納まった。
PIC_0362.jpg
往来の激しい道路を京王高尾山口駅へ向かう
PIC_0366トリ
京王高尾山口駅前広場に集合した参加者
PIC_0371_20161129110757aa4.jpg
読売旅行の添乗員3人が参加者の点呼
PIC_0373.jpg
京王線からJR線へ一駅乗車
PIC_0399.jpg
どこかで待機していた臨時列車『ぶらり高尾散策号』に乗って帰るのだ!

テーマ:駅からハイキング - ジャンル:旅行

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryozanpaku.blog102.fc2.com/tb.php/667-10769b41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かいちょー

Author:かいちょー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する