梁山泊倶楽部

山岳会の会長やってます♪

山小屋情報「会津駒ケ岳」(その2)

 引き続き、梁山泊倶楽部より「会津駒ケ岳」情報をお届けします。

写真はH17年5月単独山行のときにデジカメで撮影したものです。今年(H19年)4月にも、当会のプリンスと爺の二人で入山し、ビデオ撮影した模様をDVD作品に残している。
 両山行ともに「滝沢橋~駒ノ小屋~会津駒~大津岐峠~キリンテ」を縦走した。H17年は積雪量が少なかったが、今年(H19年)は遅く降った雪が残っており、駒ノ小屋から大津岐方面へ尾根通しで行く途中(夏道では尾根の裏側をまくところ)の雪の着きかたが悪く、通過に難儀した。しかし、当会のプリンスのラッセルによって無事通過できた思い出が残っている。このルート通過(積雪期)にはピッケル、アイゼンに加えて細引き(ロープ)を準備すると初心者同行の場合でも安心ルンルンでしょう。
 なお、大津岐峠からキリンテに左に直角に折れて尾根から下山する箇所が積雪が多い年にはわかり難いので注意が必要です。大津岐の太くて大きい標柱が見えていれば問題ないが、出ていない場合には、シラビの樹木の上部に小さな「大津岐峠」の標識を見逃さないことだ。
 その下でもルートを左か右か迷う箇所があるが、切り開かれた(道みたいに見える)方面へ進めば間違いないが、地図とコンパスでルートを見極めてください。さらに、キリンテ沢が左手に見えるあたりでは、雪崩の危険があるし、滑ったら沢まで滑落して流されるので、アイゼンとピッケルワークで確保しながら下りてください。小さな橋を渡ればすぐにキリンテに到着です。連休前はバスがありませんので、滝沢橋の登山口まで歩いて戻ってください。

 夏道「登山口」の階段(ここまで歩く)
夏道「登山口」の階段(ここまで歩く)
会津駒ケ岳山頂
会津駒ケ岳山頂
山頂付近より駒ノ小屋遠望
山頂付近より駒ノ小屋遠望
山頂より中門岳方面を望む
山頂より中門岳方面を望む
駒ノ小屋より大津岐峠越しに燧ケ岳
駒ノ小屋より大津岐峠越しに燧ケ岳
大津岐峠の大標柱
大津岐峠の大標柱
大津岐~キリンテ下山中の圧巻“ブナの春の息吹”
大津岐~キリンテ下山中の圧巻“ブナの春の息吹”
キリンテ付近の花々の出迎え
キリンテ付近の花々の出迎え
キリンテ登山口
キリンテ登山口
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryozanpaku.blog102.fc2.com/tb.php/65-fd4b7c58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かいちょー

Author:かいちょー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する