梁山泊倶楽部

山岳会の会長やってます♪

ヨコスカ「どぶ板通り」作者の眼【その3】 〔H27.10.18〕梁山泊倶楽部の爺放浪記

ヨコスカ「どぶ板通り」カメラスケッチ(その3)をお届けする。

PIC_0802_201601020930328d3.jpg
タコスを供するレストランだろうか?
PIC_0804.jpg
COUNTRY BAR の宣伝だろうが、なんとも気味悪い
 ご一緒したマー君がなんだろう!と見入っている。右奥に「お断り」の貼り紙がある。
PIC_0809.jpg
IRISH PUB とあるから飲み屋であろう。カウンターで立ち飲みしている外国人が見える。爺は中に入りたかったが、皆が止めるので仕方なく入店せず素通りした。惜しいことをした、と思っている。
PIC_0812_201601020930363ee.jpg
「彫」の文字が見える。金属にいろいろな彫刻を施すお店らしい。なにか一つ買って帰りたかったが、皆、先へ先へと急いでしまったので、ここでも思いでの品物を調達すること叶わず。
PIC_0813.jpg
通りの先で“早く来いよ”とばかりに待っているのが、爺のお仲間だ

PIC_0814.jpg
なにやらアウトドアー用品っぽいものが置いてあるお店
 恐らく、一人で来たらどのお店にも、中に入って品定めをしていたことだろう。
PIC_0815.jpg
ミリタリー用品が並んでいる
 何十年も昔、仕事で沖縄へ行ったときに、このようなお店がたくさんあった。こういう品物や写真が好きな同僚のために、機関銃と機銃の弾丸(空薬莢)を幾つかお土産に買って帰った記憶が甦る。ここヨコスカには、そのような物騒な品物は置いてなさそうであった。
PIC_0816_201601020944339e6.jpg
DOBUITA STREET の謂われの銘板
 これ自体が芸術作品のになるであろう。
PIC_0819.jpg
「どぶ板通り」をそぞろ歩きする人たち
PIC_0820.jpg
「明治天皇横須賀行在所 入り口」の碑&「BAR 605」
 ヨコスカは軍港である。明治天皇もここ横須賀へ行啓されたようだ。それにしてもBAR 605がここで営業することは構わないが、どうにも爺には、この場所のエアコン外機が気になって仕方ない。まー、時代が経過したということか。
PIC_0821.jpg
本通りへ出た場所での出来事
 何やら外国人カップルがふざけ合っていた。絵にしたら、男子が怒っているように見えるが、一部始終を見ていた爺は、二人がふざけ合っていたように思えたが…。
PIC_0823.jpg
横須賀港がすぐ傍の近代的景色
 夕暮れに輝くビルは、現在のヨコスカの象徴ともいえる。たまたま車両の通行が途切れ、まるで“地球最後の日”のようだった。軍港とは、“自国を守る砦”であればよいが、安保法改正によって“戦争行為の最前線基地”にならないことを祈る。
PIC_0825.jpg
“観艦式”参加の外国艦船の乗組員(海軍さん)だろうか
 別章で報告するが、海上自衛隊観艦式には外国海軍艦船も参加した。アメリカ、フランス、インド、韓国、オーストラリアが招待されており、それぞれの艦船乗組員が上陸しているはずである。胸に下がったものを見る限り、そのような人たちに見える。

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryozanpaku.blog102.fc2.com/tb.php/636-711a67a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かいちょー

Author:かいちょー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する