梁山泊倶楽部

山岳会の会長やってます♪

ヨコスカ「どぶ板通り」作者の眼【その1】 〔H27.10.18〕梁山泊倶楽部の爺放浪記

 ヨコスカ「どぶ板通り」を歩いた。凄い名称を冠したものだが、神奈川県横須賀の名所であるらしい。海上自衛隊観艦式見学の前日、米海軍空母バースのある街を散策した。

 家庭用ビデオカメラを手に、観艦式を見学する仲間とともに海上自衛隊の基地がある横須賀港へ向かった。途中、有名な「どぶ板通り」を歩いたのだ。茨城の片田舎で生活する爺にとって、横須賀(ヨコスカの方が似合っている)の町は大都会に見える。爺の生まれ育った町も小さな港があり、夏休みなどは勉強もせずに海岸へ行って遊び呆けていたものだ。そういう意味では、規模こそ違うが、浜の町という類似点があり、なんとなく親戚づきあいできそうな感じである。当然、米海軍基地の町だけあって、そこにもここにも、外国人が歩いており、普通に生活する様子が窺える。俄か映像作家と勝手に思っている爺の眼で捉えた「どぶ板通り」を見て欲しい。
PIC_0710.jpg
ヨコスカの街の本通り
 さすが横須賀の街だ。日本人も外国人もたくさん行き交っている。
PIC_0723.jpg
おそらく海軍さんであろう方にモデルになってもらった
 一緒に行ったマー君がイイロケーションだという。爺をけしかけて写真を撮らせようという魂胆だ。
PIC_0717.jpg
昔、雑誌に掲載されていた「菊秀刃物店」
PIC_0724トリミング
とてもスタイルのいい海軍さん
 街を歩く姿がとても恰好いい。軍人でもあるし、徹底した礼儀作法を仕込まれているのだろう。
PIC_0726.jpg
花屋さんから出てきたブロンド美人
 とにかく、右を見ても左を見てもスタイリッシュな外国人が、普通に生活している。もちろん、金髪の子供たちも、黒人の大人も子供たちも、日本人とのハーフと思われる人たちも大勢、普段の生活をする場がヨコスカなのだろう。
PIC_0730トリミング
田舎者の作家気取りの爺には目の毒なものばかりだ
 舗道、飲食店、洋品店、タトーの店などなど、周囲に珍しいものばかりがあるので、先に進めない。一緒に行った皆に遅れることし度々で、曲がり角でいつも待ってもらうはめに陥っている。何のオブジェかわからないが、恐らくニューヨークの摩天楼(ビル)を表現しているのだろう。すぐ隣に街灯があるが、灯りでもつくのだろうか・・・・。
PIC_0736_20160101174934fca.jpg
ジャズの似合う街だ
 下水のグレーチング(雨水抜き蓋)にもトランペットだ。
PIC_0742トリミング
auの販売店
PIC_0746トリミング
爺には何の店かサッパリわからない
PIC_0748.jpg
消火栓の蓋は日本語だった
 何とも可愛らしいし、素敵なデザインだ。
PIC_0752.jpg
どうしても外国人向けのエンブレムになるのだろう「どぶ板通り」
 ジャパニーズ芸者と戦艦はマッチングしているのだろうか。
PIC_0754_201601011802025de.jpg
このエンブレムの下で外国人が普通に暮らす街ヨコスカ
PIC_0757.jpg
ビールを瓶から直接飲むのは米国人であろう
 爺の非日常的感覚で撮影した。とても絵になる1枚だと思うが・・・・、自画自賛か!
PIC_0760.jpg
ETCを販売するお店だろうか?
 横文字がからきし駄目な爺には何の商売か判別できない。
PIC_0762.jpg
「どぶ板食堂」、「Perry」の取り合わせが滑稽だ
 食堂(CAFE&GRILL)と書いてあり、爺でも判別可能だ。

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryozanpaku.blog102.fc2.com/tb.php/634-2a878109
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かいちょー

Author:かいちょー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する