梁山泊倶楽部

山岳会の会長やってます♪

中央アルプス『越百山・仙涯嶺・南駒ヶ岳・空木岳』縦走《その2》  [H27.08.22-24]梁山泊倶楽部夏季山行

 中央アルプス縦走の記録《第2編》である。昨夜宿泊(第一日目)した越百小屋を夜明け前に出発して、越百山・仙涯嶺・南駒ヶ岳・赤梛(なぎ)岳を経て空木岳を踏破予定だ。今宵の旅宿(山小屋)は、空木岳駒峰ヒュッテ(駒峰山岳会所有)である。

 今日の日の出時刻は、am05:02頃なのでコースタイム(1時間)にシニア加算をして、am03:30出発と決めて昨晩就寝した。朝の身支度に約1時間ほど必要なのは、これまでの山行結果から推測できた。しかし、爺の目論見が外れて、“身支度に30分でいいだろう”との結論が導き出され、午前3時起床と決めた。結局、3時に起床したものの支度に手間取り、出発はam04:00になってしまった。加えて、ヘッドランプの不具合を直していたところを、越百小屋のご主人に“登山道が判らない”のだろうと思われ、「危険だったら戻って来い」との言葉までかけられてしまった。
PIC_8829.jpg
越百山山頂近くの登山道をランプを頼りに歩む 8/23 am04:50
 越百小屋を午前4時過ぎに出発した我々は、「もう日の出には間に合わない」と思いながらも、歩を進めた。
PIC_8834.jpg
越百山山頂が見えてきた am04:55
PIC_8841.jpg
8月23日 越百山山頂にて“ご来光”を仰ぐ am05:23
 低い位置に雲海が広がり、本日の日の出(我々が目にすること)が遅かった。山小屋の出発が遅れて、ご来光に間に合わないと思っていたが、下界の天候の悪さが我々に幸いした。
PIC_8847.jpg
ツーさんと爺のツーショット am0525
PIC_8851.jpg
ご来光を仰いだら仙涯嶺へ向かう am05:52
 夜露に濡れたハイマツをかき分けて稜線を進む。麻呂&ツーさんの後ろ姿が頼もしい。
PIC_8862.jpg
越百山の稜線上にて自分のブロッケン現象に遭遇 am06:00
PIC_8866.jpg
仙涯嶺へ向かう稜線を行く二人 am06:02
 このような風景に出逢うから、山をやめられないのだ。山体の東側に朝日が射し、まだ宵の余韻を残す西側斜面。陰影が織りなす神技。登山者の心を揺さぶる妙技を持つ、自然の神の手である。
PIC_8871.jpg
夜露に光るハイマツ越しに我らの仲間たちが行く稜線 am06:07
 “越百山は日本三百名山”、これから向かう“南駒ヶ岳は日本二百名山”、そして“空木岳は日本百名山”である。トレールアドベンチャー田中陽希さんが、日本百名山を終えて、いま日本二百名山に挑戦中だ。今回は、前回に倍する困難さであろう。“頑張れ陽希”。
PIC_8873.jpg
高山植物の宝庫を歩く(トウヤクリンドウ?) am06:21
 越百山から南駒ヶ岳へ向かう稜線には、たくさんの高山植物が咲いている。もっと、じっくり腰を据えて撮影山行を決行したいものだ。
PIC_8874.jpg
ホシガラスが食べ散らかしたハイマツの実 am06:29
 越百山から空木岳へ向かう稜線にはハイマツがビッシリと植生している。もちろん、登山者の我々にとって、歩きにくいことこの上ない。そして、ギャオギャオとけたたましく鳴くホシガラスが、それこそたくさん生息しているのだ。白黒の特徴ある色彩とハトより若干小さ目な体を、身軽に飛んでハイマツの実を一生懸命啄んでいる。
PIC_8875.jpg
仙涯嶺へ向かう縦走路を行く二人 am06:33
PIC_8882.jpg
縦走路の岩壁上で爺の来るのを待つ二人 am06:55
 なんとも雄大でスリリングなところが魅力である。我らが2泊3日で歩む、中央アルプス南部のこのルート(コース)は、このような花崗岩質の岩壁に迎えられることから、登山者をのめり込ませるのではないだろうか。ネットで検索すると、このコースを日帰り登山(世にいう「弾丸登山」)する人も多いという。確かに山中で、トレールランスタイルの登山者を多く見かけた。
PIC_8883.jpg
中央アルプスの空木岳から越百山間の魅力は「岩稜歩き」 am07:04
PIC_8884.jpg
岩を乗り越し歩を進めるツーさん am07:08
PIC_8888.jpg
仙涯嶺ノピークを少し越えた付近の標柱 am07:41
PIC_8892.jpg
仙涯嶺の岩峰 am07:59
PIC_8897.jpg
見上げる岩壁が我らを圧する am08:14
PIC_8902.jpg
仙涯嶺一帯に咲く「ヒメウスユキソウ」(和製エーデルワイス) am08:25
 先述したが、越百山からこの付近一帯は、高山植物の宝庫である。もちろん、花崗岩の岩稜帯でありながら、健気に咲く花々を鑑賞しながら、この縦走コースを楽しむことをお勧めする。軽いデジカメなら大した荷物にもならないだろう。是非、事前に山の写真術を勉強して入山されたい。
PIC_8904.jpg
仙涯嶺から南駒ヶ岳へ向かう稜線を行く我らの二人 am08:26
 シニア3人パーテーの我等だが、仲間の写真&ビデオを撮影しながら遅れぬようにするのは、極めて難しい。自分がトップなら、撮影の間、後続を待たせればいいが、後続で撮影しながら歩む困難さを知ってほしいものだ。NHKの映像/田中陽希さんを記録するスタッフの苦労と同じだと思ってほしい。この写真のように仲間から離され、すぐに追いつかねばならない。一日6~7時間行程であれば、何百回となく、この遅れを取り戻す行為を繰り返すのだ。
PIC_8907.jpg
もう何度、この登降を繰り返しただろうか am08:46
 何度も言うが、この素晴らしい稜線の登下降が心地よいのだ。もっとも、その前に「息切れ、足腰(筋肉痛)の疲れ」が、纏わりついているが・・・・。
PIC_8909.jpg
チングルマ(バラ科)の果実 am08:51
 ご存知のように、このチングルマは「落葉小低木」である。つまり、草ではなく木なのだ。春の雪解けとともに、白い花を咲かせ、花が終わると、ホウキのような実をつける。この稜線に群生するということは、夏近くまで積雪が残り、その雪解けとともに花を咲かせたとみるべきであろう。
PIC_8918.jpg
トリカブト
PIC_8922.jpg
ミヤマウィキョウ(セリ科) am08:54
PIC_8928.jpg
トリカブトの畑 am09:03
 畑と呼びたいほどに群生している。
PIC_8940.jpg
南駒ヶ岳間近の場所でツーさんを撮影 am09:27
PIC_8941.jpg
南駒ヶ岳山頂目前の稜線 am09:43
PIC_8947.jpg
中央アルプスの名峰「南駒ヶ岳」を踏んだ am10:16
PIC_8951.jpg
眼下に遠望する「摺鉢窪避難小屋」(UP撮影) am11:08
PIC_8952.jpg
尾根上より遥か下方に位置する「摺鉢窪避難小屋」 am11:09
 今は亡き弟が静岡県袋井の工場勤めをしていた頃、登山を趣味とし、主に南アルプスをこよなく愛し、四季を問わず足繁く通っていた。そして、この中央アルプスにも自然の豊かさと、岩稜帯の良さ、行き交うハイカーのマナーの良さに魅かれて入山していた。爺が山へのめり込むようになったのは、四十の手習いであり、当時会社を辞めて実家にこもっていた弟に、山とは何ぞや、登山の基本を教えてもらった。その弟は今はいない。当時、「南駒ヶ岳はいいぞ」、「摺鉢窪避難小屋」に泊まって“一献傾けようよ”と、山中のテントでよく話したものだ。喧嘩別れしたまま彼岸へ旅立ってしまった弟。今も忘れないぞ、あの約束。今回の山行では摺鉢窪避難小屋に泊まることは叶わなかったが、年齢相応の登山形態で中央アルプス南部の山々を経巡ることができた。とくに、南駒ヶ岳から赤梛岳間の稜線上から、眼下の「摺鉢窪避難小屋」を遠望した瞬間に、“お前との約束を果たした”との思いが胸中を去来した。
PIC_8961.jpg
空木岳へ向かう稜線から赤梛岳を振り返り見る am11:11
PIC_8966.jpg
南駒ヶ岳~赤梛岳の稜線上から「摺鉢窪避難小屋」への分岐点 am11:27
 先述した稜線より遥か下方に見える「摺鉢窪避難小屋」へ行く登山道分岐である。かなり遠い下降だが、標柱には15分の文字が読める。もっとも、避難小屋に宿泊して、今度は登高する場合には、その2倍は必要であろう。
PIC_8972.jpg
赤梛岳山頂目前の我等の仲間 am11:44
PIC_8974.jpg
赤梛岳山頂より我らの進むべき稜線(空木岳方面)を望む am11:51
 やっとの思いで赤梛岳山頂を踏んだ。もっとも、ここより空木岳までコースタイム1時間30分の行程が待っている。いよいよ本日のラストステージを迎えるのだ。
PIC_8975.jpg
赤梛岳を後にして空木岳への縦走路へ一歩踏み出した我等 pm12:10
PIC_8978.jpg
いよいよ岩稜帯に突入だ! pm12:29
PIC_8983.jpg
軽快なピッチで縦走路を行く二人 pm12:35
PIC_8986.jpg
我らの歩んで来た縦走路を振り返り見る pm13:10
PIC_8991.jpg
空木岳山頂はもう間近、花崗岩質の登山道を確実に歩むツーさん pm13:26
PIC_8992.jpg
中央アルプス「空木岳」を極めた“麻呂”&“ツーさん” pm13:33
PIC_8996.jpg
“爺”も記念写真の一枚をゲット pm13:34
 日本百名山「空木岳」を踏破した我等三人。もっとも「麻呂」は、若かりし頃一度足跡を残しているらしい。本日のラストステージを無事踏破し、あとは祝杯を挙げる「空木岳駒峰ヒュッテ」へ向かうのみである。
PIC_9001.jpg
空木岳山頂を極めて百万両の笑顔“ツーさん” pm13:36
PIC_9007.jpg
空木岳山頂より来し方(赤梛岳方面)を見る pm13:37
PIC_9008.jpg
空木岳山頂直下の「空木岳駒峰ヒュッテ」(今宵の宿/祝宴会場) pm13:38
PIC_9018.jpg
絶好の立地条件にある「駒峰ヒュッテ」 pm13:56
 この山小屋(「駒峰ヒュッテ」)は、いわゆる町の山岳会である「駒峰山岳会」が所有する稀有な存在である。たまたま、我々が利用したのがお盆過ぎの閑散期であり、それほど大きな山小屋ではないが、宿泊者も少なく(この日は10人程度)、「どこでも空いている場所に寝てください」という待遇であった。食事付の営業小屋ではないが、それなりの食糧、飲料などは購入でき、ギューギュー詰めの山小屋の比較したら、天国の境地である。この日、小屋番をしていた女性の応接は営業小屋でさえできないであろう、親切さであった。この小屋の水は、恐らく“天水”利用であると思われ、ポットにお湯を入れておき、我々(宿泊客)が、自由に使用できるよう配慮してくれている。とにかく、親切な山小屋である。そうそう、崖上に張り出したテラスの眺めは最高であり、是非、ここで休憩、食事をしたらいいと思う。出発前に、小さな山小屋なのでギューギュー詰めの場合には、外のテラスの下でブルーシートにくるまって寝ようと思っていたが、悠々就寝、熟睡できたことに感謝する。
PIC_9028.jpg
外観は古めかしいが案外建築後年数を経ていない(内部) pm14:58
 ご覧のとおり、凄く立派な山小屋である。チョッピリ踏板の狭い階段が心配だが、梯子で2階へ登る山小屋と比較したら、高級ホテル並みの豪華さだ。
PIC_9030.jpg
絶好の展望台「駒峰ヒュッテ」のテラスで祝宴、夕食 pm15:49
 昨日(越百小屋)では、一人当たりビール1本、日本酒(菊水)2本、ウィスキー100mlをやってしまった。今日は山行2日目の疲労も出ており、ビール1本、日本酒1/2合(二人で1本)であった。翌日の木曽殿越の長丁場を考えると、この程度自制しないとまずいであろう。
PIC_9034.jpg
今宵の夕食(麻呂が担ぎ揚げたレトルロカレー・ご飯) pm16:18
 これが大失敗であった。ご飯がうまく温められず半生であった。標高3,000m弱の山では、沸点が低く煮えきらないのだろう。この山小屋で購入できるアルファ米を使用した方がよかったかもしれない。
PIC_9033.jpg
テラスから見える木曽谷を越した山々の絶景
中央アルプス行程地図002
中央アルプス南部縦走行程地図(第二日目)
 越百小屋から越百山(2613m)、仙涯嶺(2734m)、南駒ヶ岳(2841m)、赤梛(なぎ)岳(2798m)、そして空木岳(2863m)を踏破し、誠に素晴らしい山小屋/駒峰ヒュッテに宿泊するハイライト部分。花崗岩質の岩稜尾根を歩み、ハイマツの夜露に濡れて進む。これから向かう数々の頂、来し方を振り見れば自らが乗越してきた峰々、尖った岩峰が撮影し放題だ。是非貴方も、今まで歩いてきた日本アルプスとは趣の異なった、中央アルプス南部の自然も、行き交う登山者も、一味もふた味も趣きのある、“山の原風景”を楽しんでほしい。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryozanpaku.blog102.fc2.com/tb.php/612-d1697468
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かいちょー

Author:かいちょー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する