梁山泊倶楽部

山岳会の会長やってます♪

真保裕一著『ホワイトアウト』(梁山泊倶楽部の爺推薦図書) [H27.3.14]

 この作品『ホワイトアウト』は、織田裕二主演映画で何度も見たという方も多いと思う。とくに、最近ではBS(WOWOWなど)で度々放映されているので、回を重ねて鑑賞していることでしょう。実は、梁山泊倶楽部の爺(私)も、そのうちの一人なのです。自称“読書家”を気取っている爺にとって、著者/真保裕一の『ホワイトアウト』を読まないわけにはゆかない。

 映画では、織田裕二が山奥のダム勤務で、山を愛する熱血漢、そして、テロ組織の持ち込んだ自動小銃や拳銃などを奪い、そして、それを敵に向けて使用する。豪雪地帯と言われるダム所在地(奥只見がモデルであろう)から次のダム管理事務所へ雪中行軍、そして、また積雪の中を泳ぐようにして引き返す。少しは冬の山を知る梁山泊倶楽部の爺にとって、かなり荒唐無稽な映画ではあるが、面白くて何度も見てしまったのだ。
 真保裕一の小説『ホワイトアウト』は、2時間ほどの映画には収められなかった“猫の手”があるのだ。つまり、映画鑑賞中、隔靴掻痒した部分に手が届くのだ。原作の荒唐無稽は揺るがないが、映画制作にはない、読者の頭があるのだ。読書家の貴方なら分かると思うが、文字間の隙間を己の頭脳で埋めることができるのだ。とくに、爺と同じように自然や山(特に雪山)が大好きな貴方には、是非、映画鑑賞後の真保裕一著『ホワイトアウト』小説を、ナマで読んでほしいのだ。

真保裕一著「ホワイトアウト」001
新潮社刊/真保裕一著『ホワイトアウト』表紙
真保裕一著「ホワイトアウト」002
真保裕一著『ホワイトアウト』奥付
真保裕一著「ホワイトアウト」003
参考文献(奥付より)
真保裕一著「ホワイトアウト」004解説
カバー裏の解説文

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryozanpaku.blog102.fc2.com/tb.php/580-93c8127e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かいちょー

Author:かいちょー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する