梁山泊倶楽部

山岳会の会長やってます♪

茨城・栃木県境『鶏足山~花香月山ハイキング』 梁山泊倶楽部 [H27.1.25]

 茨城県」山岳連盟加盟「梁山泊倶楽部」の今年初めてのハイキングだ。正月の食いすぎメタボ解消策として、里山歩きを計画した。平成27年1月25日(日)、茨城と栃木の県境に存する、鶏足山(けいそくさん)と花香月山(はなかりさん)を目指した。

 首謀者「爺」、里山・藪山のスペシャリスト「麻呂」、老いて益々健脚(馬脚)を現した「ヒーさん」の3名であった。県境に位置する、この2峰を含む山並は、“鶏足(とりあし)山塊”と呼ばれ、鶏足山(けいそくさん)は、その主峰である。だが、鶏足山は標高430.5m、花香月山(はなかりさん)は378.2mと、いわゆる低山歩きである。茨城県地域の出版社によるガイドブックでは、各々別個に登る山のように記されている。しかし、ネット検索すると、どうも縦走ハイキング面白いらしい。しかし、二つの山の登山口が離れていることから、我々は3人ハイクではあるが、グレートトラバースの田中陽希さんのような山歩きは不可能と判断して、車両2台を持ち込み、花香月山の登山口に1台デポ駐車してから、鶏足山登山口へ向かった。
PIC_5846.jpg
花香月山登山口に車両をデポして、ここ鶏足山登山口駐車場へ来た (午前09:30出発)
 20台程度駐車可能な立派な駐車場だ。トイレも設置されており、トイレットペーパーも備えてある。謝礼(チップ)を入れるようになっているので、100円程度は投入したいものだ。
PIC_5857.jpg
登山口付近に広がる「茶畑」
 ここは茨城県城里町上赤沢という集落、隣接する屋敷には立派な農家が居を構えている。そして、その周囲には立派な茶葉を実らせた茶畑が広がっている。恐らく、味わい深い、旨い日本茶の産地なのであろう。
PIC_5860.jpg
茶畑を過ぎて山道の入り口(AM09:35)
 この登山口には、案内看板、標高・緯度・経度が記載されており、おまけに、貸出用のストック(杖)が常備されている。
PIC_5863.jpg
鶏足山の登山案内看板
PIC_5887.jpg
焼森山頂上直下を登る二人
PIC_5889.jpg
焼森山山頂 標高423m(AM10:17)
 鶏足山への登山道より外れて少し行くと焼森山山頂に辿り着く。なかなか景色のよいところだ。鶏足山登山道分岐より10分程度の場所だ。
PIC_5912.jpg
鶏足山山頂 標高430.5m(AM11:00)
 焼森山より約30分も歩くと、鶏足山山頂へ行き着く。多少のアップダウンはあるものの、尾根筋を歩く快適な登山道である。
PIC_5917.jpg
鶏石(AM11:24)
 鶏石と呼ばれる何の変哲も無い石を見るには、花香月山へ進む登山道(左に折れる)を曲がらずに、ほんの少し下って行くと、道の右側に存する。花香月山までの長い道程を思うと、この石だけを見るためだけに来る必要があったのかナー!と考えてしまう。皆さんの場合には、現場にて選択されたらよいと思う。
PIC_5921.jpg
間違いを繰り返した藪道(AM11:43)
 実は、このハイキングの案内人「麻呂」が、この山へ来たのは3~4年前らしい。この山行で、幾度か道間違いがあった。あとで、よーく考えると、“地図の読み過ぎ”による誤りではないか、と思う。この鶏足山~花香月山縦走路は、多くのハイカーが踏破(楽しんで)しているはずだと思う。つまり、地図も正確に読みながら、“踏み跡の確認”を怠らないことだと思う。この写真の藪の場合には、登山道に枯れ枝が塞いでいた。それを、通行禁止(迂回道)と思って進んだところが、「獣道」であった。恐らく、イノシシが通る山の斜面に、我々が進入してしまったのだ。
PIC_5926.jpg
縦走路中間点のマイクロウェーブ鉄塔(PM12:27)
 2回目の迷い道(迷走)後の写真だ。この映像の反対側(鶏足山側)の登山道を進んで来た。ここで、山案内人「麻呂」の号令で、右折して山道に入った。本来は、鉄塔の脇を抜けて真っ直ぐ進み、鉄塔建設・保守道路に出なければならないのだが、登山道は別にあると判断して、森林管理用の杣道へ少しだけ入ってしまった。さすが案内人だ、さほど進まずに道の誤りに気づき、修正を図った。そして、この保守用舗装道路(本来の登山道)へ戻ったのだ。
PIC_5928.jpg
縦走路に出てきた「道標」(PM12:34)
 この鶏足山~花香月山縦走路には、ほとんど「道標」らしきものは設置していない。併せて、先述したマイクロウェーブ(鉄塔)建設・保守用道路などができたために、昔から存在した登山道が分断されている。第一の迷い道のような、「獣道」と間違えるのは論外であるが、新しく敷設された鉄塔や、後述する森林伐採などによって、登山道が変更されている場所さえ気を付ければ、迷うことはない。とかく、日本アルプスなど高山で有名な山ほど、道迷いは少なく、里山で麓の開発が進んでいる山ほど、気を付けなければならない。
PIC_5931.jpg
皆伐山の木材集積土場(PM12:35)
PIC_5961.jpg
登山道の左側を皆伐した山(PM13:03)
 この付近の森林を皆伐したようだ。登山道(縦走路)より左側には、真新しい切株がアートのように広がっている。つい、夢中になってビデオカメラのスチール写真を、何枚も何枚も撮影してしまった。
PIC_5992.jpg
見事にハゲヤマになった伐採地(PM13:13)
PIC_6004.jpg
伐採地を過ぎた森林わきの道祖神(PM13:44)
PIC_6015.jpg
花香月山(はなかりさん)目前の藪道から鉄塔を見上げる(PM14:10)
 花香月山には鉄塔が2つ建っている。遠く、鶏足山からは見えるが、縦走路からは途中で少し見える程度で、近くになるとあまり、その存在を忘れてしまうほど、2つの鉄塔が見えなくなる。本当に、間近に迫ってから、見上げるように目に入ってくるのだ。この鉄塔(最初に見える)は、NTTドコモの中継基地のようだ。
PIC_6020.jpg
ドコモ鉄塔を迂回して2つ目の鉄塔方面(山頂への登山道)へ向かう仲間たち(PM14:12)
PIC_6031.jpg
花香月山(はなかりさん)山頂三角点附近の二人(PM14:19)
PIC_6037.jpg
花香月山登山口の車両デポ地点へ到着、縦走完了(14:54)
 念願の平成27年第1回梁山泊倶楽部メタボ解消『鶏足山~花香月山縦走ハイキング』は無事終了した。今日は大丈夫と思っていたが、爺の脚攣りが発症してしまった。花香月山直下の笹薮道附近にて、両脚の太腿の筋肉が、またもや攣ってしまったのだ。もっとも、このところ(1か月くらい)、早暁散歩を怠けていたからであろう。もう少し暖かくなったら、再開する見込みである。
PIC_6041.jpg
爺宅にてご苦労さん会実施(PM16:32)

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

コメント

ルートミスの件

11:43の写真の下
<あとで、よーく考えると、“地図の読み過ぎ”による誤りではないか、と思う。

いや全く地形図を読んでいなかったのです。ただ漠然と踏跡を追っていたためです。地形を読んでコンパスを見進行方向を把握していたらルートロスしなかったと思います。茨城の藪山は特徴が乏しくどこも同じ風景で標識もなくて(ポピュラーな手入れされて標識の完備された山の登山道と違って)地形図読みが要求されます。尤も近ごろはGPSでカンニングしてしまいますが。
今回もう一箇所写真の石仏の前の尾根も間違えました。

  • 2015/02/04(水) 13:51:59 |
  • URL |
  • ヤブ麿 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryozanpaku.blog102.fc2.com/tb.php/562-d5cc3c4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かいちょー

Author:かいちょー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する