梁山泊倶楽部

山岳会の会長やってます♪

佐々木譲著『廃墟に乞う』(梁山泊倶楽部の爺推薦図書)

 北海道の警察を舞台に、道警上層部の不正を暴き、事件解決への道をスリリングに描く作者/佐々木譲作品は数多く、皆さまも一度は読んだことがあるでしょう。現在は廃墟と化した旧炭鉱町を素材に、歪んだ精神構造をとりまぜながら描いた文芸春秋刊/佐々木譲著『廃墟に乞う』を紹介する。

 著者/佐々木譲は北海道生まれである。だから、北の大地「北海道」を舞台にした小説を数多く世に出したのであろう。
推薦図書005
文芸春秋刊/佐々木譲著『廃墟に乞う』表紙
 推薦図書009
「第142回直木賞受賞作」の文字が踊る表紙帯。「う」の文字は、表紙の装幀と一体化した「帯」としたことから、一字のみ、浮いているのだ。
推薦図書010
表紙帯(裏表紙側)の紹介文
 休職中の主人公「仙道孝司」(警部補=北海道警捜査一課)が知人に依頼されて、何の権限も持たず、警察手帳も持たずに一つ一つ難事件の解決に協力していく。
推薦図書006
文芸春秋刊/佐々木譲著『廃墟に乞う』奥付
 2009年初版であるから、かれこれ5年以上経過している。しかし、北海道の、とくに旧炭鉱部落のあった地域の疲弊はますます酷くなってきている。無残にも、そして残酷にも削られてゆく北海道に対する各種補助金。いまでも政府の政策の過ちであったと確信する北海道拓殖銀行を潰したこと・・・などなど、数えきれないほどの仕打ちを受け続けている。そうした土壌を、作者/佐々木譲は見事なまでに小説の中に描き続けている。
推薦図書008
初出一覧
 この作品を読んでいると、どうも、夫々描いたものを一本化して単行本化したように思っていた。この初出をみると、「なるほど」と思う。
推薦図書007
著者(佐々木)略歴
 奥付より転載したので、2009年当時のものだ。

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryozanpaku.blog102.fc2.com/tb.php/487-5f707f2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かいちょー

Author:かいちょー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する