梁山泊倶楽部

山岳会の会長やってます♪

川入から「飯豊連峰」(2013.5.3-5)梁山泊倶楽部山行記録

 平成25年5月3日~5日、梁山泊倶楽部「飯豊連峰」山行の記録である。福島県喜多方市川入の御沢登山口より入山し、地蔵山、三国岳、種蒔山そして飯豊本山をめざした。メンバーは首謀者「爺」、サブリーダー「麻呂」・「上さま」・「トッシー」、隊員「御屋形さま」、「イッチー」、「ホッシー」の7名である。

 当初の予定では、梁山泊倶楽部のプリンス「若」が、飯豊連峰の北端“関川”大石コースより入山し、朳差岳、大石山、頼母木山、地神山、北股岳、烏帽子岳、御西岳を経て飯豊本山にて、川入から入山する本隊と合流するはずであった。しかし、4月に丹沢にて「若」が負傷し、今回の飯豊連峰山行は本隊のみにて決行した。
 実は、昨年は「朝日連峰」を目指したが、完全縦走を、目指した「若」であったが、ここ数年の異常なほどの残雪と、荒天に阻まれて途中撤退して本隊とともに「月山」に転進したのである。
 今年も、地球温暖化の影響かどうかは定かではないが、飯豊連峰は異常なほどの多雪(残雪)に加えて、入山前日の降雪により、真冬のようなサラサラ雪が30cmも積もるという、過去に例のない悪条件下での山行となった。今回は、初日に三国小屋(避難小屋)をあてにして、テントを装備から除外、各自ツエルト対応とした。結果としてタコツボ、棺桶、ツエルトなどを利用した雪中ビバーク訓練を実施することとなった。3日夕刻から夜半にかけて降雪も少なく、一番助かったのは強風に見舞われることがなかったことである。当日の三国岳直下の剣ヶ峰は、今までのザラメ状の雪の上に、低温降雪による粉状の細かい雪が30cmも降り積もり、いつ泡雪崩が発生してもおかしくない状況であった。ために、我々を含め約30人~40人の入山者が、全て剣ヶ峰直下の地蔵小屋跡付近で足止めされていた。当日、誰一人「剣ヶ峰」を踏破することはできなかった。
 3日夜を地蔵小屋跡にてビバークした梁山泊倶楽部隊は、翌4日三国岳・種蒔山を目指す2名、そして、このまま下山して川入民宿にて盛大に宴を張る5名のパーテーに2分した。

PIC_0055.jpg
川入・御沢野営場(登山口)手前の空地出発(爺=撮影)
 5月3日、川入集落にて御沢野営場方面通行止の標識あり。行けるところまで車を乗り入れようと、野営場近くまで乗り入れた。目的地の野営場は除雪が済んでいるが、途中の橋付近20m-30mが終わってなく、ブルが路上に置いてあった。野営場まで150-200mくらいのところ。(4日に下山したときには除雪終了していたが、川入の通行止め看板は撤去されていなかった)
PIC_0067.jpg
笹平付近を行く我らのパーテー
CIMG4459.jpg
地蔵小屋跡付近より仰ぎ見る剣ヶ峰&三国岳
 「爺」と雪山初見参の「イッチー」の2名が脚攣りを起こし、荷物を持ってもらうなどして歩行速度は極端に落ちていた。おまけに、剣ヶ峰を踏破したパーテーは皆無であった。午後2時から3時頃の天候は悪くなく、なんとしても雪崩の危険を伴うこと、そして剣ヶ峰は腰までもの新雪ラッセルであるという。約1/2もラッセルして踏破したパーテーも、上部の岩壁累々とする箇所は乗り越えられなかったという。爺が山を始めた頃(20年以上も以前)、3月の五竜岳でも同じような積雪状態で、初日の白岳越えを断念し、翌日暗い内から五竜岳へ登ったこともあった。
CIMG4446.jpg
地蔵小屋跡でのビバーク決定(タコツボ、棺桶などを掘る) 茨城県山岳連盟では、毎年2月に安達太良山にて「冬山訓練」を実施する。不時露営の際にツエルト、雪洞、タコツボなどで寒気を凌ぎ、雪中で寝る訓練を行っている。しかし、本当に雪洞などを利用して寝ることは、今回の参加者でも、あまり経験してはいないだろう。何年か前の3月、那須連峰・三本槍岳にて那須から甲子への縦走雪山登山にて、三本槍岳山頂の三角点付近にて、タコツボを掘って座ったまま一夜を過ごしたことがあった。この時の体験を生かして、横に寝られるように雪を掘った。最後に別邸「上さま御殿」を造ろうとしたが、結果として“棺桶”となった。この棺桶は容積が狭い分、中は結構暖かかったという。
CIMG4448.jpg
タコツボ(雪洞)掘り作業中の参加者のザック
PIC_0068.jpg
爺とイッチーの愛の巣(4日午前0時頃)
 爺とイッチーのタコツボ(雪洞)は、最初に掘り始めたので、あまり完成度は高くない。屋根にはブルーシートを掛け、ハトメ部にワカンを括り付けて、飛ばないように工夫した。シュラフ+カバー、靴は履いたままポリ袋で包み寝袋が傷まないようにした。ツエルトは寝袋が落ちてくる雪や壁の雪が溶けて濡れないように掛けた。まあ狭くて、きついが横になって寝られることは、疲れが抜けるし最高である。夜半、気温は低くなったが、恐れるほど寒くはなかった。単独行の加藤文太郎が、疲れると雪中に寝て、翌朝雪をかき分けて、もこもこと這い出てくるという、このことであったのかと思う。
CIMG4452.jpg
5月4日午前6時頃の剣ヶ峰、三国岳(手前は直下で幕営した他のパーテーのテント)
 4日の夜明けは清々しく、とびっきりの好天であった。他のパーテーも今日の行動をどうするか、思案しているようであった。好きな登山も“命あってのものだね”であり、条件の悪いときには回避行動が必要なことは、どのパーテーのリーダーもわかっていると思う。
CIMG4463.jpg
剣ヶ峰・三国岳にアタックするトッシー&ホッシーの両名
 最初はサブザックにてアタックする腹積もりであったが、万一、剣ヶ峰を降りられない場合に備えて、フル装備にて行くことにした。今日は、新雪が深く、急斜面の雪崩も心配であるし、稜線上のラッセルも半端なものではないようだ。あまり無理して前進しないように、念を押して二人を見送った。
 二人は、我々の期待に応えて、深雪に苦労しながら見事「剣ヶ峰」を登り切り、途中無線機で状況報告などしながら三国岳へ到達した。この日、我々が知る限り、この剣ヶ峰にアタックして、稜線上へ登った登山者は数名のみであった。下山後、彼らに登山状況を聞くと、かなりハードな行程であったようだ。とくに、下山時の剣ヶ峰は傾斜もきつく、ザラメ雪の上に乗った新雪の処理が厳しく、2か所は後ろ向きにて、ピウッケルで確保しながら、アイゼンを新雪の下の雪に蹴り込みながらの歩行であったという。
CIMG4464.jpg
アタックに向かう二人を見送る下山宴会メンバー(爺=撮影)
PIC_0084.jpg
剣ヶ峰を登るアタックメンバー
 剣ヶ峰にチャレンジする登山者5人(2名はトッシー、ホッシー)。登山者の上部に黒く岩壁(露岩)が見える。夏場はあの岩を登下山するが、今回は雪が張り付いているので、右側を巻いて登った。最上部に見えるのは三国小屋(避難小屋)である。我々も、本当はあの小屋で寝られるはずであった。
PIC_0095.jpg
いよいよ下山
 この5月の陽光を浴びながら、周囲の景色を楽しみながら下山するのだ。ビデオを回しながら・・・。
PIC_0090.jpg
純白の峰、純白の登山道を行く
PIC_0094.jpg
山の斜面のUP撮影
 例年にない季節外れの大雪(新雪)が、山体を白く輝かせる。これだから残雪の山歩きはやめられない!
PIC_0097.jpg
下部でも尾根筋の残雪歩行が楽しめる
PIC_0155.jpg
下山後に宿泊した「川入集落」民宿
 川入集落は、冬季には全村が麓の一の木などの村へ下りてしまうという。行政も、こんな山奥まで除雪の予算を割いてくれないようだ。
PIC_0104.jpg
下山後に宿泊した、川入民宿「しゃくなげ荘」
CIMG4471.jpg
しゃくなげ荘の内部(玄関から撮影した囲炉裏端の我らの面々)
CIMG4481.jpg
民宿「しゃくなげ荘」のばあちゃん、ご主人とともに記念撮影
 川入の民宿「しゃくなげ荘」は、極めて良き宿であった。設備がどうのとかではなく民宿の良さは、営業する家族の良さである。大変失礼な言葉になるが、こんな山奥の村落で営業する民宿とは、やはり田舎々していながら、なかなかこのような場所に来れない者に、町場とはずっと異なる“田舎のもてなし”(普段のもてなし)が良いのではないだろうか。ご主人にしても、女将にしても、婆にしても、この川入だからこその会話をしてくれ、何とも、異次元の世界に彷徨う気持ちにさせてくれる。
 玄関前の囲炉裏端で、当家の方々と語らうひと時は、昔、スキー全盛のころ(昭和40年代)の猪苗代民宿の「小滝屋」を思い出す。芋がら、そして田舎味噌の味、我らの酒がなくなると、また一升瓶の酒を差し入れてくれたじいちゃん、ばあちゃん。今回世話になった「しゃくなげ荘」の婆やご主人、女将さんも、まったく同じであった。あの昭和40年台の、スキー民宿を思い出すことができるのが、福島県喜多方市川入の民宿「しゃくなげ荘」である。
 飯豊連峰の登山口の一つ川入は、今は磐越道「会津坂下IC」を下車し、山都、一の木、そして川入集落へと入って行く。川入は昔ながらの集落で、トタン屋根の家々が並び、豪雪に対する備えを連想させる。かつて、集落の軒先を掠めるように車を進めると、季節によるがワラビやゼンマイを庭先の筵に広げて干す、極めて山村の風情を残す生活のよすがが残っていた。平成25年5月連休中、民宿の営業は2軒(もう少し先には開業するところもある)。登山者が行きに、帰りに利用した「飯豊鉱泉」は、住人すらいない廃屋となっていた。我ら(中高年の)岳人なら、飯豊連峰の福島県側の登山口「川入」で飯豊鉱泉を知らぬ者はいなかった。

テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行

このページのトップへ

コメント

ブルーシート

 いつも楽しく読まさせてもらっています。 
会長から以前電車の中で「ブルーシートビバーク」の話を聞かされましたが、本当に出来るんですね。
感激しました。
これからの山行記楽しみにしています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryozanpaku.blog102.fc2.com/tb.php/435-1380a7a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かいちょー

Author:かいちょー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する