梁山泊倶楽部

山岳会の会長やってます♪

茨城県山岳連盟主催「筑波山清掃登山」H24.12.2(報告)

 平成24年12月2日(日)、茨城県山岳連盟主催「筑波山清掃登山」を開催し、梁山泊倶楽部からも7人が参加した。主催者発表を聞いていないが、多分100数十名の参加者であった。このところ続いている寒波の影響で、前日には筑波山山頂付近で降雪があり、僅かではあるが登山道に積もった雪が凍り、大勢のハイカーで賑わう女体山頂上直下の岩場付近は、滑る地面を気遣っての大渋滞が幾時間にもわたり続いていた。

 以前にもブログに書いたが、冬の筑波山といえば観光客も登山客も疎らで、逆に地元の我々としては、静かなハイキングが楽しめたものであった。昨今は、とくにTX(つくばエクスプレス)開通後、そしてヤマガールなどの言葉が流行するようになり、高尾山の次に登りやすく、そこそこの標高があって楽しめる山ということで、東京方面を中心に、関東各県からお出でになるハイカーが増加して、従来の冬の閑散期が、賑わいの冬に変化してきた。茨城県人としては、観光収入などの問題もあり、歓迎すべき事象の変化と受け止めたい。
 さて、我々の清掃登山であるが、梁山泊倶楽部の面々は、7時にJR赤塚駅前を5人乗車にて出発し、筑波山梅林市営無料駐車場へ、初めて駐車した。準備の上集合場所へ向かう途中で、ターさん夫妻が合流し、神社わきのいつもの集合場所へ向かった。開会式などを行い、2コースに分かれて清掃を開始した。梁山泊倶楽部は、来年11月開催の「全日本登山体育大会」の下見を兼ねて、途中から別ルートを辿り、弁慶茶屋にて本隊と合流した。ここからは、若干の積雪が踏み固められて凍結状態になった箇所が現れる。そして、岩場の細道(女体山山頂直下)付近になると、大勢のハイカーが渋滞の波に呑まれてゆく。登山靴、運動靴など、雪道には適さない姿のハイカーも多く、また登山靴でも滑りそうな山道を大勢の人間が、少ないながらも積雪を踏み固めてゆくのだから、どんどん滑りやすくなっている。周囲の人たちにも声を掛けながら、自分も滑らぬように気をつけて登る必要があった。なんとか、女体山の神社付近まで来たが、山頂への階段が凍っているのだ。手すりにつかまりながら、なんとか通り越して、御幸が原へ向かうことができた。この山頂付近の気温は段々低下してきており、踏みつけて凍った箇所が、登りはよいが、下山では厳しいと思われるので、みんなでケーブルカー口から女体山方面へ行く人たちには、「こちらは危ないですよ」と声を掛けかけ歩いていった。山岳連盟の集合場所に行き、拾ったゴミを預けて記念撮影を行う。とにかく寒くて、昼食もやっとの思いで食べたのであった。
 下山は元気グループ(ターさん夫妻、麻呂、御屋形さまの4人)は、徒歩にて、軟弱グループ(爺、ターさん、ナベさんの3人)はケーブルカーの人となった。ケーブルカー神社口(山麓)付近のモミジが最高潮に色付き、皆さんが写真撮影であった。この3人グループは時間調整(徒歩グループ待ち)のために、青木屋ホテルの展望風呂(温泉)入浴と洒落込んだ。
 そして、7人合流のあとは、地元の酒蔵「稲葉酒造」へ清酒・男女川(みなのがわ)”の美味しい酒を仕入れにゆくことになる。

清掃登山②
登山開始前の集合風景
清掃登山③
神社前の紅葉
清掃登山④
途中休憩
清掃登山⑤
登山口から間もないところの雪模様
清掃登山①
登山道下部を行く梁山泊倶楽部の面々
清掃登山⑥
弁慶茶屋跡にて
清掃登山⑦
弁慶茶屋跡付近の祠に供えられたハーケン
清掃登山⑧
弁慶七戻りの大杉倒木
清掃登山⑨
大杉の切株上の小さな雪だるま
清掃登山⑩
弁慶七戻りを行く我らの面々
清掃登山⑪
薄っすらと載った雪
清掃登山⑫
枝に載る雪とロープウェー山麓駅&ゴンドラ
清掃登山⑬
女体山山頂直下では渋滞の列
清掃登山⑭
滑る女体山山頂で憩う人々
清掃登山⑮
女体山山頂直下の滑る登山道で難儀するハイカー
清掃登山⑯
なんと用意のよいお方かアッチーさんは!
清掃登山⑰
御幸が原にて閉会式、解散
清掃登山⑱
ケーブルカーにて下山(神社口から頂上方面を撮影)
清掃登山⑲
神社口付近のモミジ(紅葉)
清掃登山⑳
筑波神社境内では「がまの油売り」口上

テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryozanpaku.blog102.fc2.com/tb.php/411-f0368db9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かいちょー

Author:かいちょー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する