梁山泊倶楽部

山岳会の会長やってます♪

「“北八ヶ岳&霧が峰”逍遥の旅」<その1>(H24.9.15-17)

 平成24年9月15日~17日、北八ヶ岳&霧が峰逍遥の旅に出た。梁山泊倶楽部の「爺」、大型新人「オーさん」の二人旅である。軟弱の謗りを免れないが、爺の膝痛が長引きハードな山行や長期山行は困難であったことから、脳裏に浮かんだ『逍遥の旅』を実行したのだ。

 いつものように、梁山泊倶楽部の本拠地「水戸市」を出発して、北八ヶ岳の登山口の一つである“麦草峠”を目指した。いつもなら前日の深夜出発であるが気儘な二人旅であり、早朝3時出発とした。北関東から信州方面を繫ぐ高速道路の開通によって、我々岳人も目指す山々の範囲が広がり、苦労せずに日本の冠たる山を登ることが可能になった。9月15日8時頃には、もう麦草峠に到着して麦草ヒュッテを確認して、白駒池入口駐車場へ車を入れた。我々が幕営する場所は青苔荘のキャンプ場で、この駐車場から15分程度の場所であるという。なにせ“逍遥の旅”と銘打った入山であるから、少しも慌てる必要はない。しっかり時間をかけて、自らの登山装備と幕営用具、今宵と明日の食糧一式を、二人のザックのほかに、もう一つ準備したザックに詰め込んで、ゆっくり、ゆったり、ゆるゆると歩を進め、青苔荘へテント場代金を支払に行った。この時点でも、まだ9時前であった。オーさんにテントの張り方などを、一講釈しながら幕営を終え、水汲みをして、本命の逍遥へ出ることにした。まずは白駒池を鑑賞、そして手軽な高見石をめざした。ここという当てのない散策への出発である。一眼レフを首から下て・・・。
白駒池入口駐車場
白駒池入口駐車場
 これは池ならびに高見石と丸山(2329m)をゆっくり歩いて麦草峠を経て、戻ってきたときのものである。バイクや車両がたくさん入っている。1日500円であり、地元の森林組合が管理運営している。
青苔荘幕営地の我々のテント
幕営地の我々のメスナーテント
 これも翌朝の写真であるが、青苔荘のキャンプ場(もっともここ以外は幕営禁止であろう)は、樹間に小さいながら平らな場所がいくつもあって、格好の幕営宴会場であった。もっとも、梁山泊倶楽部の宴会テントで陣を張れるような広いところはなかった。まあ、4-5人用が、この場所には似合っているようだ。
キャンプ場近くの池畔の景観
キャンプ場近くの池畔景観
 素敵な池畔である。遠方に見えるのが白駒荘の山小屋。なかなか洒落たコテージ風な山小屋で、新館と旧館があるが、爺にしてみれば旧館の方が趣があって好ましい。
高見石に登る
高見石に登る
 白駒池から高見石までコースタイムでは30-40分であるが、オーさんが爺の膝を考慮してくれて、ゆっくりゆっくり歩いてくれた。苔むした石くれだらけのけっこう急勾配の登山道を、二人は周囲の樹林や植物、そして苔の載った倒木などにカメラを向けながら進んだ。写真の下方赤いトタン屋根が高見石小屋である。洒落たベランダには椅子とテーブルを置き、自由に利用するように案内があった。もっとも、山小屋のコーヒー、ケーキ、ビールなども注文すれば、なお結構なことではあろう。
高見石から俯瞰遠望した白駒池
高見石から見る白駒池
 樹林に囲まれた神秘の池、それが白駒池である。道路などができる前は、さぞかし鬱蒼としたなかで、妖精でも飛び出しそうな場所であったことだろう。開発には功罪があり、果たしてここはどうであったろうか。
素敵な苔むす登山道
素敵な苔むす登山道
 高見石、丸山を経て麦草峠への歩程は、苔むす樹林帯を進む。前をゆっくり行くオーさんの後を、膝を庇い庇い、爺もゆっくりゆっくり歩く。倒木が自らの栄養分を、ひこばえやその他の若木に与え、その中の幾本かだけが、この北八ヶ岳の大きな木となって育ってゆく。まさしく、植物の輪廻転生ではないか。
名も知らぬ苔が生きる
名も知らぬ苔が生きる
 北八ヶ岳の森は“苔の宝庫”であるという。苔の観察会なども催され、高名な苔の研究家などが講釈してくれるそうだ。このブログをご覧の自然愛好者、岳人も是非、山中の山小屋やキャンプ場に身を移し、名も知らぬ苔の一つや二つ覚えてきてはいかがでしょうか。
被写体に格好の茸たち
被写体に格好な茸たち
 八ヶ岳中信国定公園にあって、域内の動植物(鉱物を含む)採取は禁じられている。今回のように、これから山中に分け入る御仁は、「採る」ではなく、カメラや画帳に「撮る」「描く」を励行していただきたい。加えて、登山道以外の山中に分け入ることは、高山植物等の保護から許されるものではないのでご注意ください。
麦草峠より茶臼山、縞枯山
池から高見石・丸山を巡り麦草峠へ戻る
 左手の車のところが麦草ヒュッテ、前方に茶臼山、縞枯山が見える。峠を境に幾つかの山があるので、この辺りを起点(根城に)幾晩か宿泊して両方の山を極めれば楽しい事「この上ない。
帰路の展望台より南・北アルプス遠望
帰路の道路わき展望台よりの眺め
 北八ヶ岳白駒池畔でキャンプした吾ら二人は、9月16日霧が峰へ向かった。麦草峠から国道299号線を、一路蓼科方面へ向かって、高度2000mからぐんぐん下って行く。途中の展望台に昇ると、南八ヶ岳、南アルプス、中央アルプスが展望できる場所がある。
白樺湖畔より霧が峰遠望
白樺湖畔から霧が峰/車山遠望
 同行したオーさんの想い出の場所、白樺湖へ立ち寄った。湖畔の洒落たプチホテル モンテローザにてコーヒーを喫しながら、窓外に広がる霧が峰/車山を眺望した。
白樺湖畔で喫したコーヒー
白樺湖畔で喫したコーヒー
プチホテル モンテローザの宿泊メニュー
プチホテル モンテローザの宿泊メニュー 
 素敵な雰囲気の喫茶・レストランコーナーには、ボーズのスピーカーより爺の好きなジャズボーカルが流れる。午前9時少々ではあるがコーヒーが飲めて、素敵な音楽が雰囲気を盛り上げる。紺碧の空には幾つかの点景となる夏雲が湧いている。もう9月の半ば過ぎであるにもかかわらず、日差しは灼熱の大陸のような暑さをもたらしている。いよいよ地球の笠が壊れ、悲鳴をあげているようだ。かつて、リゾート開発華やかなりし頃、おそらく若人を中心に押すな押すなの盛況であったろう白樺湖も、土産物店やレストランのシャッターが多く降りたままだ。大きなホテルが幾つもあるが、ご多分に漏れず宿泊料は下落の一途のようだ。霧が峰も、ヴィーナスラインの開通によって、山であって山でない山に変貌してしまった。さすがの爺も、膝痛が出るまで霧が峰に行ってみようとは思ってもいなかった。理由は、前述のとおりである。

テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryozanpaku.blog102.fc2.com/tb.php/404-86d912c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かいちょー

Author:かいちょー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する