梁山泊倶楽部

山岳会の会長やってます♪

宮城県松島の「一の坊」絶品の昼食をいただく

 7月10日に仙台の奥座敷「ホテル佐勘」(宿泊予定)」での法事の前に、松島の「藤田喬平ガラス美術館」にて素晴らしいガラス工芸品を鑑賞した。もっとも、この美術館は松島のホテル「一の坊」敷地内の美術館である。当然、昼間の鑑賞であることから、ホテル「一の坊」レストランで昼食としたことは言うまでもない。

「藤田喬平ガラス美術館」を鑑賞した爺は、丁度昼食どきでもあり、この美術館を運営する「ホテル一の坊」のレストランで昼食をいただくこととした。あまりにも広いホテル内であり、そこここにいるホテル従業員に聞きながら、お目当てのレストランへ行き着いた。レストランの受付には誰もいなかったが、予約客とおもわれる方々が、室内へ誘導されて行く。一見客の爺たち夫婦は、恐る恐る従業員に「昼食を食べたいのだが・・・・」と伝えたところ、窓際の席へ誘導された。近くには、我々の注文を受けて料理する板前が二人、料理に専心していた。
一の坊「昼食」前菜(冷スープ)
一の坊(食前のスープ)
一の坊「昼食」温野菜(前菜)
一の坊(食前の温野菜)
一の坊「昼食」(ちらし弁当)
一の坊(主食「あさりご飯」)少し食べてから撮影しており、アサリは上下逆向き
一の坊(食後のデザート)
一の坊(「食後のデザート」)

 ※一の坊にて昼食を始めてから気がついて、撮影しているので、若干盛り付けや、食したあとの映像であることを付記しておく。加えて、それぞれが、1品づつ出されてくることを付け加えておきたい。昼食の「懐石」と思っていただければ幸いである。(この日の昼食メニューのうち、最安値の1,800円の料理である。このほかに2,500円、3,500円の昼食コースがあった)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryozanpaku.blog102.fc2.com/tb.php/255-9efbece9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かいちょー

Author:かいちょー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する