梁山泊倶楽部

山岳会の会長やってます♪

吾妻連峰縦走山行(回顧録H6.6.25-26)

 平成6年6月25日~26日、梁山泊倶楽部(旧関銀山の会)は福島県と山形県に跨る吾妻連峰を縦走した。参加者は爺、ゴーさん、ノムさん、ハーさん、マー君親子の6人であった。我々大人は当たり前のコースであるが、当時小学生であったマー君の息子であるM君には、かなり厳しい山登りであったことだろう。

 この吾妻山行を実施する前年の平成5年、爺は単独で同じコースを歩いていた。季節も全く同じ6月であり、残雪が消えるとともに百花繚乱となる池溏を多数有する吾妻連峰に魅入られて、仲間を募って性懲りもなく翌年に再び彼の地を訪れたものである。
 後日、登山届または山行記録が発見されれば詳細を掲載するが、とりあえず、思い出すままに登山コースの概要を載せておきたい。
■浄土平ー姥ケ原ー谷地平ー(大倉新道)-東大顛ー弥兵衛平小屋(旧明月荘)泊ー東大顛ー烏帽子山ーニセ烏帽子ー家形山ー五色沼ー一切経山ー酸ケ平ー鎌沼ー浄土平

姥ケ原の木道を歩く
姥ケ原or谷地平の木道を歩く
お花畑にて
姥ケ原or東大顛付近のお花畑
谷地平の渡渉地点
谷地平避難小屋付近を渡渉する
東大顛の分岐にて
東大顛と藤十郎の分岐
弥兵衛平小屋前にて②
弥兵衛平避難小屋(旧明月荘)前にて記念撮影 ここに宿泊した!
明月湖にて(背景は東大顛)
食事の後は皆で明月湖付近を散策
飯豊連峰には豊富な残雪
遠望する飯豊連峰は豊富な残雪を冠している
岩場を登る
昭元山or烏帽子山付近の岩場を通過する
岩場にて②
同じ岩場にて
岩場にて
このような場所でも記念撮影の余裕
登山道に咲く水芭蕉
登山道には水芭蕉が咲き、よけながら歩いた
谷地平を俯瞰する
谷地平(?)を俯瞰する
五色沼をバックに記念写真
家形山方面より五色沼へ下り、一切経山へ登り返す
五色沼より一切経山への登り
五色沼より一切経山へのきつい登り
樹林帯をUP撮影
付近の樹林帯をUP撮影
ワタスゲを撮影
酸ケ平でワタスゲの群落を撮影する爺

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryozanpaku.blog102.fc2.com/tb.php/227-e7fc0876
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かいちょー

Author:かいちょー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する