梁山泊倶楽部

山岳会の会長やってます♪

茨城県の名山「竜神峡沢登り」(茨岳連登山教室)

 平成21年9月27日、茨城県山岳連盟主催の中高年安全登山教室「竜神峡沢登り」を実施した。
茨城県には沢を遡行する、いわゆる「沢登り」に適した場所はないと思っていたが、とんでもない。素敵な沢が存在するではないか。今回の沢登り講習会で使用したのは、常陸太田市(旧水府村)の竜神川である。その昔、“竜神峡”として、関東内外にその名を知られた「V字谷」の峡谷が存在した。

 かつては、この峡谷内に鉱泉宿があった。また、竜神峡を遡行する登山道(沢登り)もあった。現在では、竜神ダムが完成し、おまけに、竜神大吊橋(観光用の人道橋=行き止まりの吊橋)が建設され、狭い旧村道も拡幅され、大型観光バスが行き来する。
 本論に戻して、沢登り講習会(中高年登山教室)の模様を紹介しよう。梁山泊倶楽部からは山爺が一応講師の一員として参加した。講師を含めた総勢20名が竜神ふるさと村(キャンプ場)へ集合したのは、9月27日(日)午前8時であった。

集合場所の竜神ふるさと村’(開会式)
集合場所の竜神ふるさと村で開会式
亀ケ渕へ向けて出発
亀ケ渕へ向けて出発
林道の標識
林道の標識
亀ケ渕に到着
亀ケ渕に到着
沢用の装備
沢用装備
いよいよ入渓
いよいよ入渓
高巻きやへつり
高巻きやへつりもある
渓谷美が素晴らしい
素晴らしい渓谷美
途中の休憩地点
途中の休憩地点
水にも入る
水にも入る
瀞を越える①
瀞を越える
猿も岩から落ちる
猿も岩から落ちる
落ちてもこの笑顔
落ちてもこの笑顔
落ちたら上がらねばならない
落ちたら這い上がらねばならない
竜神槍にて記念撮影
竜神槍にて記念撮影
鉱泉宿の発電施設①
昔の鉱泉宿の発電施設①
鉱泉宿の発電施設②
昔の鉱泉宿の発電施設②
ここから林道へ上がる
ここから林道へ出る(約40分)
竜神ふるさと村へ戻り閉会式
出発地点の竜神ふるさと村にて閉会式
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryozanpaku.blog102.fc2.com/tb.php/202-156cc0f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かいちょー

Author:かいちょー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する