梁山泊倶楽部

山岳会の会長やってます♪

残雪期の谷川連峰「白毛門」

 平成21年4月11日(土)、念願の谷川連峰「白毛門」山行を実施した。メンバーは梁山泊倶楽部の老いを気合だけでカバーしている「爺」、当会の貴公子「若」、メタボ解消と山行訓練の成果が期待される「ヒーさん」、新人ながら冬山訓練参加で気勢を挙げる「クーさん」の4名であった。
 4月初旬でありながら真夏の陽気が続き、開花宣言しながら咲き渋っていた桜花が一気に満開になりそうな、“絶好調の登山日和”の一日を、素敵な仲間とすごさせてもらった。

 4月10日(金)参加者が夫々の勤務を終え、早々に登山装備をまとめて梁山泊倶楽部の本拠地である水戸市を出発したのが夜の9時丁度であった。常磐道から北関東道、東北道の藤岡ICで一旦降りて国道50号線を進み、再び北関東道/太田ICで乗車。関越道/前橋ICで下車してJR新前橋駅で貴公子「若」と合流。前橋ICから水上ICを経て、JR土合駅へ11日午前0時10分頃到着した。
深夜のJR上越線「土合駅」
深夜のJR上越線「土合駅」 4/11午前0:10
駅舎の待合室で寝酒を嗜む
駅舎の待合室で寝酒を嗜み、明日の行程打ち合わせ
土合駅前広場から望む霊峰「白毛門」
土合駅前広場から仰ぐ霊峰「白毛門」 4/11午前6:00頃
白毛門登山口
白毛門登山口を出発する梁山泊倶楽部の面々 7:00
谷川岳の岩壁を背に登行
谷川岳の岩壁を背に登行 9:00頃
松ノ木沢の頭直下の急登
松ノ木沢の頭直下の急登 10:00頃
白毛門頂上部を一望
白毛門頂上部を一望 10:30頃
白毛門の頂上を極める
白毛門の頂上を極める 11:55-12:05
白毛門頂上より一ノ倉岩壁を一望
頂上より一ノ倉岩壁を一望する
縦走路上の“笠ケ岳”と“朝日岳”
縦走路上の“笠ケ岳”と“朝日岳”
頂上直下をアンザイレンで下山
頂上直下をアンザイレンで下山 12:15
登山口の沢を渉る
登山口の沢を渉る 15:50
登山口へ帰還したメンバー①
登山口へ帰還したメンバー① 16:00
登山口へ帰還したメンバー②
登山口へ帰還したメンバー② 16:00
このページのトップへ

コメント

会長・副会長・クーさんには、たいへんおせわになりました。
皆さんのサポートにより、無事登頂でき感謝しております。
一方残雪期の登山技術について、色々学ばせていただきありがとうございました。
今回体調がいまいちだった原因を色々と分析しましたが、腹筋を強化していきたいと考えております。
これからも宜しくお願いします。

  • 2009/04/17(金) 18:46:10 |
  • URL |
  • ヒーです #-
  • [編集]

「ヒーさん」からのコメントを見て、また、変な広告書き込みかナー!と思ってしましました。
 自分で名付けた「ヒー」なのに・・・・・・申し訳ない。ところで、残雪の白毛門はヒジョーに良かったですネ!天気、仲間すべてよし!でしょうネ。ヒーさんは普段のトレーニングの成果が表れて、凄い頑張りでしたし、危なげない登行でした。メタボも少し解消していますし、あまり無理したりしないほうがよいかも?
 また、登山、ハイキングでご一緒しましょう。

  • 2009/04/18(土) 09:31:24 |
  • URL |
  • 爺からの御礼 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryozanpaku.blog102.fc2.com/tb.php/161-e852870c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かいちょー

Author:かいちょー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する