梁山泊倶楽部

山岳会の会長やってます♪

残雪期の「安達太良山」(平成14年の記憶)

平成14年3月9日~10日、残雪を楽しむべく福島県の「安達太良山」を目指した。メンバーは爺、サワコ、パパ、トモ、ナッチーの5名であった。この年はまだ結構雪が残り、面白い山行が楽しめそうであった。いつものように、山麓のスキー場から山を眺めて、歩いて頂上へ向かうか、軟弱にもゴンドラリフトを利用して楽をしようか、迷ったが、やはり楽々登山を決め込んでしまった。

 ゴンドラリフトが動き出す時間まで、しばらく待った私たちは、しめしめとばかりゴンドラの箱に乗り込み、スキー場や周囲の山を眺めながら上部の登山口へ降り立った。目指すは乳首山と呼ばれる安達太良本峰である。通いなれた雪道とはいえ、潅木の上を歩いたりすれば、瞬時にズボズボと体ごと積雪に飲み込まれてしまう。たとえ片足でも埋まってしまえば、抜け出すのは一苦労である。他人が落ち込むのを冷やかし、楽しんでいると、今度は自分が埋没する始末であるが、要は残雪を楽しみながら頂上を目指せるということにほかならない。
安達太良山頂へ向かう
安達太良山頂へ向かう梁山泊倶楽部の面々
神々しい安達太良山頂
神々しい安達太良山頂
登行意欲をそそられる和尚山
登行意欲をそそられる和尚山への尾根
山頂の標柱に張り付くエビの尻尾
山頂の標柱に張り付く“エビの尻尾”
山頂からくろがね小屋へ向かう
山頂を極めてくろがね小屋へ向かう面々
メンバーのUP撮影
メンバーのUP撮影
くろがね小屋は目前
今宵の宿「くろがね小屋」
翌日は峰ノ辻経由で勢至平へ
翌日は峰ノ辻経由で勢至平へ
勢至平の標柱前で記念撮影
勢至平分岐の標柱前で記念撮影(雪に埋まっている)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryozanpaku.blog102.fc2.com/tb.php/157-e5258b67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かいちょー

Author:かいちょー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する