梁山泊倶楽部

山岳会の会長やってます♪

古きよき「山小屋」考

 12月13日~14日の「金峰山」「瑞牆山」山行で使用させていただいた山小屋の感想を掲載したい。
 当初、予定していた奥秩父「大日小屋」を諦めて「富士見平小屋」へ宿泊したのは、ほかでもない、爺の軟弱な足腰のせいであった。結果として、富士見平小屋を利用させていただき、料金の2,500円×3人=7,500円也を、登山計画書に包んで、管理人室の穴(料金投入口)へ入れてきました。この料金はけっして高いとは思いませんし、シーズンを過ぎて、私たちのパーテー(3人)での貸切占有は、安いものと思います。山小屋の風情も満点ですし、備品も無人の今は、管理人室の外に出しておいていただけるなど、もう昔(30年くらい)の山小屋くらいしか、このような形態は残っていないと思います。
 使用しようと思えば、ドラム缶製の薪ストーブだって利用できるし、枯れ木は、小屋の周囲にいくらでも転がっています。鉈も備品としていつでも使用可能な状態にしていただいていますので、寒ければ、火を起こせば暖をとれます。
 もう、今は宿泊できそうもない雰囲気の山小屋を望むなら、奥秩父の「金峰山」「瑞牆山」をシーズンを外して、計画されることをお勧めします。富士見平小屋も大日小屋も同じような雰囲気の山小屋ですので、是非、お出でください。(昔々の忌まわしい出来事は、今はありませんので、「薄気味悪い」とか、「恐ろしい」とかの表現は、当てはまらないと思います。)
 梁山泊倶楽部のメンバーは、また、是非、利用させていただきます。

金峰山・瑞牆山分岐にある富士見平小屋
金峰山・瑞牆山コース分岐の富士見平小屋
山小屋の薪ストーブ
山小屋の薪ストーブ
富士見平小屋での夕食宴会
富士見平小屋での夕食宴会
目覚めれば雪景色を映す窓
目覚めれば雪景色
道標にも綿帽子
道標にも綿帽子
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryozanpaku.blog102.fc2.com/tb.php/131-0afb3e36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かいちょー

Author:かいちょー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する