梁山泊倶楽部

山岳会の会長やってます♪

昭和初期の「野球」紹介(梁山泊倶楽部)

 今日は梁山泊倶楽部としてではなく、爺の父の多趣味振りを紹介する。野球といえば正岡子規が先駆者として有名だが、一般庶民にも昭和初期に普及していたことの証になると思う。

 爺の父は所謂『野球狂』であったと思う。爺が若かりし頃、地元企業が参加した都市対抗野球(予選は各地)の応援に東京の後楽園球場へ何度も行ったことを思い出す。予選の地元球場でも「ヤジ将軍」で名の通る人物であった。一緒に野球見物するのは、正直恥ずかしかった。
 昭和初期の野球は、すべて「硬式野球」であった。爺の小さな頃に、昔の縫い目の浅い硬式ボールが何個も我が家にあって、そのボールでキャッチボールをした覚えがある。
 昔懐かしく、皆さまにも珍しいと思われる写真がありましたので、紹介します。

職場の硬式野球チームのメンバー
昭和初期、前列中央でサングラスをかけて大きな顔をしているのが爺の父です
(昭和8年10月、職場の野球チーム)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryozanpaku.blog102.fc2.com/tb.php/105-c9a6945e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かいちょー

Author:かいちょー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する