梁山泊倶楽部

山岳会の会長やってます♪

“薪材”貰い受け/続編その2(梁山泊倶楽部の爺多忙談)2017.4.17

 今日も薪材運搬である。まだまだたくさん在庫があり、幹径太いが切ることができれば運搬、利用可能なのだ。有難く、頂戴しに行くことにした。 【““薪材”貰い受け/続編その2(梁山泊倶楽部の爺多忙談)2017.4.17”の続きを読む】

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

このページのトップへ

“薪材”貰い受け/続編その1(梁山泊倶楽部の爺多忙談)2017.4.15

 過日、山仲間のウエ様より「屋敷林を伐木した」との連絡を受けて、3回ほど愛車デリカで運搬した。そして、4月15日、「チェーンソーで大木を運搬用に切ったから取りに来るよう」電話を頂戴した。 【““薪材”貰い受け/続編その1(梁山泊倶楽部の爺多忙談)2017.4.15”の続きを読む】

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

このページのトップへ

仲間より“薪材”貰い受け続々(梁山泊倶楽部の爺多忙談)2017.3.8

 ストーブ用の薪を頂戴した。山仲間の“ウエ様”よりたくさんの材料を貰い受けた。昨年には、“オー様”から、良き材をふんだんに頂き、今年の暖房に使用した。 【“仲間より“薪材”貰い受け続々(梁山泊倶楽部の爺多忙談)2017.3.8”の続きを読む】

テーマ:最近の出来事 - ジャンル:日記

このページのトップへ

“爺のブログ”サボった理由(わけ)弁解の章

 いや~!、永い間ご無沙汰いたしました。爺の昔話風に言うなら、「一週間のご無沙汰でしたー!」(ロッテ歌のアルバム)ということでしょうが、毎日のように爺のブログを見に来ていた皆さんには、お叱りを受けたいと思います。 【““爺のブログ”サボった理由(わけ)弁解の章”の続きを読む】
このページのトップへ

日立市「日立さくらロードレース」取材(梁山泊倶楽部)

 平成26年4月6日(日)、桜の名所である茨城県日立市で開催される「日立さくらロードレース」を取材した。果たして今年の桜は、このロードレース(マラソン大会)に合わせて開花してくれるかが、一番の心配ごとであった。週間予報では、4月6日は雨模様とのことであった。雨が降ったら行きたくないナー!と思いながら当日を迎えてしまった。
 日立市内は、ご存知のとおり“海と山に囲まれた”居住面積の極めて少ない土地であることから、駐車場も少なく、当日は午前8時半頃から旧市内の大部分の道路は通行止めになるのだ。したがって、日立市に生まれ育った爺であるが、車で出かけたら駐車するところもなく、下手をしたら通行禁止時間帯になって、市内に入れないかもしれない。
【“日立市「日立さくらロードレース」取材(梁山泊倶楽部)”の続きを読む】

テーマ:茨城県 - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

井口俊英著「告白」(梁山泊倶楽部の爺推薦図書)

 文芸春秋発行、井口俊英著「告白」を紹介する。1995年(平成7年)に発覚した大和銀行巨額損失事件を逮捕された著者が、獄中で書き記したものである。ニューヨーク支店の凄腕トレーダー井口は12年もの間、損失を簿外で隠し続け、970億円もの穴を空けていた実録である。 【“井口俊英著「告白」(梁山泊倶楽部の爺推薦図書)”の続きを読む】

テーマ:オススメ - ジャンル:その他

このページのトップへ

沢木耕太郎著「血の味」(梁山泊倶楽部の爺推薦図書)

 新潮社発行 沢木耕太郎著「血の味」を紹介する。何とも不可思議な小説であり、現実としてありそうなことでもある。中学3年生の殺人を、心のひだを追いながら「家庭とは何ぞや」、「学校生活とは何ぞや」・・・・等々、読者の過去や、過ぎ去った人生を振り返り見るポイントにもなろう。沢木耕太郎といえば、「深夜特急」でインドからロンドンまで、2万キロの道のりを乗合いバスで旅をする、青年の心を揺さぶる好著がある。テレビドラマでも放映したし、かつて爺が何度も読みふけったものだ。 【“沢木耕太郎著「血の味」(梁山泊倶楽部の爺推薦図書)”の続きを読む】

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

かいちょー

Author:かいちょー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する